前へ
次へ

学校教育で失敗だったと感じること

学校教育の中で失敗だったとされていることがいくつかあるようです。その1つにゆとり教育があります。確かにゆとりを持つことはダメなことではないでしょう。しかしあまりにも教育面でも他の国に遅れを取ってしまう、ということがありました。そこで元に戻したということですが、ゆとり教育で育った世代と他の世代に大きな差が生まれることになってしまいました。厳しい教育というのも問題がありますが、のんびりしすぎるのもよくないようです。その中間が一番いいのかもしれませんが、中々難しいでしょう。ゆとり世代と言われている人たちの中にはしっかりとした考えを持ち、勉強も自主的に行う人もいますが、全体的に見るとのんびりしている雰囲気があるようです。国の政策ということもありますが、極端すぎるのも良くないということでしょう。自主的に勉強をするような環境で育てるということも大切ですし、意識をしなければいけない、ということなのかもしれません。

Page Top