前へ
次へ

女性も特有区分を開拓する時代に突入

仕事に役立つ教育を受けてから、金銭面での不満が生じることもあります。努力して知識や技術を身につけたのに給料が安いという不満、一方で、文句を言うより仕事をこなせ、という長もいるのではないでしょう。教育者はこうしたトラブルの種を円満にすることを知っています。例えば、長が自分の一定の仕事を部下に分ける「株分け」です。信頼されている、だからやる気が出る、結果を出したら給与に反映する、こうした仕組みです。また、女性も教育を受け、社会に貢献したい考えです。区分される縦社会、しかし女性教育者も増え、経営さえ女性が優位性を持つ時代に突入しています。それぞれ、精力的に活動しているのです。女性としての良さを活かし、男性以上の熱心さがあります。しかし、太刀打ちできないのは争訟性ではないでしょうか。スマートに事を運ぶことも教育の場では教わるようです。その道の専門家としてだけでなく、女性として権利擁護、確立の業務を主体に、仕事やプライベートに活かすことさえできます。

Page Top