前へ
次へ

そろばんなら計算がイメージで行える

1足す1は2で恐らく多くの人ができるでしょう。なぜこの計算ができるかですが、既にその答えが頭の中に入っているからでしょう。その他一桁の足し算は生活の中で日々行っているので、いちいち計算しなくてもすぐに答えが出せます。しかし二桁以上の計算は日常生活であまり出てこないものもありその都度計算が必要になります。5足す5は10と簡単にだせるものの55足す55となるとすぐには出せないかもしれません。すぐに答えが出せない計算に関しては実際に筆算などを行って計算をするしかなく時間がかかるときもあります。もっと簡単に答えが出せたらと考えるかもしれませんが、ある方法を使うと出せるかもしれません。子供のころにそろばん教室に通う経験があるかもしれませんが、そろばんでは数字を盤面の珠で表現します。何に何を足し引きするかで珠の動かし方が決まっていて、それを繰り返すと計算が行えます。訓練をしていくと自然に珠の動かし方が頭の中でイメージできるようになり、計算も早くなるでしょう。

Page Top