前へ
次へ

体を鍛えることとしての踊りの教育

体を古代の人たちはよく鍛えていたというわけですがこれは一つの教育論として言われていたというくらい重要なものといわれています。健全な肉体にこそ健全な魂が宿るということがいわれているくらいに重要視されていたというわけですがその一つのやり方としてオルケステルと呼ばれるものがありました。オーケストラの語源となっているものなのですがこれは要するに踊りです。踊ることによって子どもたちに教育を教えていたということがあったりします。独りで踊るのではなく集団で踊るということに意味があると言われているやり方であり、実際問題として今でも集団行動というのはかなり重要な教育の一つになっています。学校では当然、学力を高めるための勉強をするということになりますが集団で行動するということを学ぶというのも重要視されているわけであり、これは古代からでも子供達を一つに集めてみんなで踊らせることによって集団という意識をさせるということが行われていたわけです。今でも有効的な教育であるといえるでしょう。

Page Top